Uber Eatsヘビーユーザーによる情報発信ブログ

Uber Eats Life

Uber Eats

Uber Eatsを利用する注文者側のメリットとデメリットは?

投稿日:

このページでは私がUber Eatsを利用して感じたメリットやデメリットをご紹介していきます。

かくいう私もまだUber Eatsを利用し始めて3ヶ月ほどしか経っていないのですが、
利用前のイメージよりも実際使ってみて感じたメリットがたくさんあるなぁと感じたので
多くの人に知ってもらいたいと思い記事にしました。

Uber Eatsをまだ利用したことがない方にぜひ参考になればと思います。

Uber Eatsを利用するメリット

対応エリア内ならどこでも料理を受け取れる

例えば井の頭公園や、街のイートインスペースなど、自宅以外の場所でも受け取ることができます。
もちろん外出しないでお店の料理が食べられることも魅力ですが、人気店の料理を気分によって好きな場所で食べられることも大きな魅力だと感じました。

並ばなくていい

人気のお店でも並ばずに食べることができるのも良い。
もちろん待ち時間はかかってしまいますが、ただ家で待っていればいいだけの話ですからね。

1人では入りにくいお店でも気軽に利用できる

個人的に一番のメリットだと感じている部分なのですが、普段1人では入りにくいお店の料理も気兼ねなく味わえるのはありがたいです。
焼肉とか、少し高級そうなレストランなど・・。今では我慢せずにUber Eatsでどんどん頼んでいます。

近隣の美味しいお店を開拓できる

前述の内容と近いんですけど、やはり初見のお店ってなかなか入りにくいのでUber Eatsで簡単にお試しができるのは良いです。
あと近隣のお店でも自分が知らなかったようなお店を見つけられたり、少しアクセスの悪いお店でも気軽に利用できるので新しいお店を開拓するのに本当に便利です。

今後も選べるお店がどんどん増える

Uber Eatsというサービスはこじんまり経営している飲食店やデリバリーの仕組みがないお店でも参入しやすいサービスだと思うので、これからどんどん提携するお店も増えてくるんじゃないでしょうか。毎回「今日はどんな新しいお店で頼もうか」とワクワクする気持ちはUber Eatsならではだと思います。
あとUber Eatsは選べるお店が多いので、デリバリーしたい時はこれ一本で全て事足りるのが良いです。注文したいお店によって複数のデリバリーサイトに登録するの面倒だったんですよね。

最低注文金額がないから1品からでも気軽に注文できる

よくある「◯◯円以上のご注文で配達します」みたいな最低注文価格の制約がないので、ひとりでも利用しやすいです。
私はよく1人分だけで注文するのですが、例えば他の注文サイトのように「2,000円以上注文してください」とかって書いてあるとその時点で「頼みたいけど、普段使いはできないな・・」となってしまいますからね。

Uber Eatsを利用するデメリット


メリットの多いUber Eatsですがデメリットもあります。
とはいえ、実際に不便と感じるのは1つだけですが。

時間保証が無い

Uber Eatsは配達パートナーの状況などによって配達までの所要時間が変わります。
「何時までに必ず配達してほしい」とはいかないわけですね。
しかし個人で利用するに当たってそこまで時間を厳守してもらいたいと感じる場面は少ないので個人的に不便は感じません。
「いつ来るのかわからない」だとちょっと不便ですけど、遅れるとしてもその状況はアプリから常に確認できますしね。

悪天候や配達パートナーの不足によって注文できない時がある

Uber Eatsのデメリットをあげるとすればこれでしょう。
私も1度だけこれによって苦い思いをしたことがあります・・。
というのもお店の注文受付時間ギリギリで頼もうとして、いざ注文!となった時に、配達パートナーがいなくて注文ができなかったんですよね。
そうこうしているうちに注文受付時間をすぎてしまって、結局頼めなかった思い出があります。
まぁこれに関してはある程度仕方のないことですし、時間に余裕を持って行えば問題ないと思います。

Uber Eatsのメリット・デメリットまとめ

以上、Uber Eatsを利用して感じたメリットとデメリットのまとめでした!
全体を総評すると、独り身が普段使いで利用するデリバリーサービスとしては最強だと思いました。
利用を迷っている方の参考になれば嬉しいです!

-Uber Eats

Copyright© Uber Eats Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.